リフォームをお考えの方へ

今からリフォームを検討される方へ

(有)白石工務店の代表 白石正則がお伝えする 「リフォーム業者を選定する際の大切なお話」

ご挨拶

ご挨拶

本日は星の数程あるホームページの中から(有)白石工務店のホームページをご覧頂まして誠に感謝しております。これも何かの縁だと思っております。

リフォームについて皆様が知りたい情報を提供していきたいと思います!
少しでも皆様の役に立てればと思い、長文にはなりますが記載させて頂いてますので、是非最後までご覧ください!!

リフォームとリノベーションの違い

リフォームとは

一般的にリフォームとは老朽化した建物を新築時の状態に戻すことをいいます。

古くなった設備や内装を新しくしたり、間取りを変えたりすることはリフォームにあたります。

賃貸住居の場合には、入居者退去後その入居者が住む前の状態に戻すことを指し、原状回復工事とも呼ばれています。

リノベーションとは

既存の建物に大規模な改修工事を行い、性能を新築の状態よりも向上させたり、価値を高めたりすることを指します。また、好みのデザインや間取りを変えプラスαの機能や価値を向上させることが可能。

現在はリフォームとリノベーションの言葉の使い方が曖昧になってきており、明確な線引きをするのは難しくなっています。

リフォームはマイナスの状態をゼロの状態に回復させること。リノベーションはマイナスの状態をプラスαで機能や価値を向上させることです。

リフォームのタイミング

「メンテナンス・リフォームのサイクル」サッシ廻り・サイディング目地のシーリング打替・白蟻予防…5年 外壁塗装工事…10年 設備機器…15年

『リフォームはどのタイミングで行うといいですか?』

よくお客様にご質問を受けます。

一般的に外壁塗装工事は10年、サッシ廻りやサイディング目地のシーリング打替・白蟻予防は5年、設備機器は15年程度がメンテナンス(リフォーム)サイクルと言われております。

上記のサイクル時期が来たときに一度、我々プロに住まいの診断を受けることをオススメいたします。診断の結果、悪い所は適切な方法で早くメンテナンスを行うことが大切です。

メンテナンス(リフォーム)を行うタイミングで怠ってしまうとどうなると思いますか?

少しのメンテナンス(リフォーム)費用で済むはずだったのが、老朽化がひどく進行してしまい無残な状態になってしまいます。その結果、大掛かりなメンテナンス(リフォーム)が必要になり費用もすごく掛かることになります。

適切な時期に適切な方法でメンテナンス(リフォーム)を行うことで、住まいを健康的に保つことができ寿命を伸ばせます。

住まいを長持ちさせるために大事な4つのPOINT!

1.メンテナンスサイクル時期到来時に住まいの診断をうけること。2.適切な時期に適切な施工を行うこと。3.少しの不具合でもメンテナンスを行うこと。4.信頼できるパートナー(リフォーム会社)をみつけること。

リフォーム会社の選び方

『どのリフォーム会社に頼めばいいかわからない・・・』

『どのリフォーム会社に頼めばいいかわからない・・・』

お客様がリフォームを行う際に一番悩む項目が会社選定です。
星の数程あるリフォーム会社から選ぶのは大変難しいです。

そこで、会社を選ぶ際の4つのPOINTを我々プロが教え致します。

  1. 建設業許可を受けている会社を選ぶ
  2. 創業年数が長い会社を選ぶ
  3. 格安を謳っている会社は注意
  4. 契約を急がせる会社は注意

では、詳しく説明させて頂きます。

1.建設業許可を受けている会社を選ぶ

1.建設業許可を受けている会社を選ぶ

リフォームの場合は請負代金が500万円未満の場合、建設業許可を受けていない会社でも工事ができることをご存知ですか?

悪徳会社は500万円未満ならリフォームができることに着目して、悪用します。弊社のお客様にも、手抜工事や強引に契約させられたりなど、悪徳会社の被害にあわれた方が沢山いらっしゃいます。

都道府県知事又は国土交通大臣の建設許可を取得している会社なら、50%は信頼して良いでしょう。残りの50%はスタッフの資格も大事だということです。

会社自体もそうですが、スタッフ個人個人が建築関係の資格を取得している会社を選択肢に入れましょう。

2.創業年数が長い会社を選ぶ"

2.創業年数が長い会社を選ぶ"

創業年数が長い会社を選定しましょう。

その理由は、会社は幾多の困難を乗り越えて創業年数を重ねながら沢山のノウハウを培っていきます。リフォーム会社の存続率は設立1年目で50%、10年目で94%の確立で倒産又は解散するとデータがでております。

リフォームをお願いした会社が倒産していたらアフターの対応はどうなりますか?

例えば・・・ふと不具合に気づいて施工会社にメンテナンスのお願いをしようと思ったが、倒産しており他会社にメンテナンスを依頼。しかし、どのような方法で施工したか他会社はわからないので対処方法がわからない!などの場合が起こりうるのです。

創業30年以上の会社はしっかりとした地盤ができており、長いお付き合いができる会社といえます!

3.格安を謳っている会社は注意

3.格安を謳っている会社は注意

皆様は会社を選定する際にインターネットで、リフォーム会社のホームページをご覧になられていると思います。

「どこよりも格安でリフォームできます」と謳っている会社には、注意が必要です!

その理由は、契約段階ではどこよりも安くで契約を行います。工事が完了してから、「追加工事が発生しました」といって、追加金額を請求をするといった悪質な事例が多数発生しております。

また、最近では訪問営業で1万円程度の補修工事の契約を行った後、「柱が腐っている」などのお客様の不安をあおり、高額な工事を持ちかけるなどの悪質な手口を使うリフォーム会社があります。

~ポイント~

  • ホームページで「格安」を謳っている会社は注意
  • ホームページで掲示されている価格は鵜呑み厳禁
  • 訪問販売の営業には特に注意
4.契約を急がせる会社は注意

4.契約を急がせる会社は注意

「今日中に契約していただけるなら50万円値引きします」など、契約を急がせる会社は注意です。100%悪質な会社です。お見積の段階で値引分の50万円を上乗せしている可能性があります。

「お客様に考える時間を与えない」・「大幅値引を行う」会社には注意!!

弊社が特にリフォーム会社選びで伝えたいこと

判断基準が価格だけになっていませんか?

「同じリフォーム内容なら一番安い会社に」と価格だけで決められるお客様がいらっしゃいます。もちろんお客様にとっては価格が重要項目のひとつでしょう。しかし、本当に安いだけでいいんでしょうか?

現在のリフォーム業界は「価格競争」の時代になっております。「格安」を謳っている会社がどのように金額を抑えているかご存知ですか?

職人さんの人件費を削っています。

ひとつ目の方法は、極端に早く作業をすすめ施工に関わる人件費を削る。ふたつ目の方法は、一人当たりの人件費を安くする。技術力は関係なしに安い人材を使うという事です。

もうお分かりだとおもいますが、これが手抜き工事等の悪循環な結果につながる要因になっています。

「安かろう悪かろう」のリフォームで本当によいのでしょうか?
リフォームは決して安い買い物ではないです。お客様が納得するまで親身に価格・工事についての説明を行ってくれる会社を選ばれてください!

リフォームを考える4つのキッカケ!

①修繕のリフォーム ②家のライフサイクルにあわせたメンテナンスのリフォーム ③人のライフサイクルの変化にあわせたリフォーム ④グレードアップ欲求を叶えるリフォーム

これら4つのキッカケは、それぞれが異なる理由でリフォームを必要とするため、その時期もバラバラです。

家のライフサイクルを逃すとリフォーム費用は増大!

家のライフサイクルを逃すとリフォーム費用は増大!

①修繕のリフォームとは、雨漏れやひび割れなど壊れたり悪くなったところを直す。

②家のライフサイクルにあわせたメンテナンスとは、部位の寿命ごとの定期リフォーム。
(例)防蟻工事は5年おき、外壁塗装は10年おき、水廻り設備交換は15年
上記の内容をやりかえることによって、家は健康を保ち続け長持ちします。

②のメンテナンスリフォームで大切な事は時期を逃さないことです。タイミングを逃すと、腐食が進行するなどして後々費用が増大してしまいます。

ライフサイクルにあわせて家の形を変化させるリフォームが必要!

ライフサイクルにあわせて家の形を変化させるリフォームが必要!

③人のライフサイクルの変化にあわせたリフォームとは、歳をとったらバリアフリーにするというようなリフォームの事です。また、子供が自立してお部屋が余っているので、有効活用するための工事。

④グレードアップ欲求を叶えるリフォームとは、例えば、在来工法の浴室で、冬になるとタイルが冷たくなって、寒いなどのお困りをユニットバスに変更して浴室暖房器をつけるなどの工事です。

これら4つのキッカケは、それぞれが異なる理由でリフォームを必要とするため、その時期もバラバラです。

4つの工事の時期をあわせてリフォームする!

これらのリフォームをその都度行っていたら二度手間が増えたり、効率が悪いので無駄な費用が掛かったり、家の中がツギハギになったりします。なので、①~④の工事を上手に組み合わせ、時期を合わせてリフォームすることが大切になります。

住宅メンテナンスで失敗!

失敗事例① 15万円のメンテナンスリフォームを惜しんで500万円の出費

失敗事例① 15万円のメンテナンスリフォームを惜しんで500万円の出費

築21年の在来木造一戸建てで、屋根葺き替え工事の為に屋根を剥がしたところ、下地にシロアリの被害があることがわかった。

シロアリは家の下から上へと食べながら進んでいくので、各部を点検した所、柱や壁の内部など様々な部分がシロアリの被害にあっていた。外壁のモルタルは浮いている状態で、このままでは落下の危険が発生。緊急に外壁の全面補修リフォームに着手。

屋根リフォームで130万円の予定が、合計650万円となり、予定外の出費に500万円以上もかかってしまうことに。

聞いてみると、防蟻工事は15年前にやったきり。近所の工務店からやるように勧められていたが、費用が掛かるし、放置をしていたとのことだった。

5年おきの定期的な防蟻工事を行っていれば防げたケースです。
この家の場合1回の防蟻工事にかかる費用は15万円でした。

失敗事例② 後でまとめてやる工事は費用が倍増

失敗事例② 後でまとめてやる工事は費用が倍増

築25年の在来木造一戸建てで、外廻りは屋根や外壁、内部は水廻りを含む全面リフォームを行うことになった。しかし浴室を解体してみると、水漏れにより土台や柱は触っただけで崩れ落ちるほどに腐食し、シロアリの巣になっていた。

外壁も劣化がひどく、 塗り替えでは次の10年はもたない状態のため、補修に加えてサイディング張りに変更。屋根は上からかぶせるカバー工法を取る予定だったが、下地の点検をしたところ、腐食がひどいので葺き替えに変更。

どうせリフォームしないといけないなら、まとめて済ませようとしたが、今回の変更部分に掛かる費用が予算より350万円オーバーしてしまった。

この事例では築10年目に、浴室の補修、外壁塗装、屋根塗装などの定期的なメンテナンスリフォームをしていたら、掛かる費用は約180万円で済みました。

最後に!

(有)白石工務店

ここまでページを読んで頂き、誠にありがとうございます。
このページを読んで頂いたお客様が優良なリフォーム会社と出逢い、満足なリフォームが実現して頂けると幸いです。

(有)白石工務店は昭和42年に福岡市南区高木にて創業し、2015年には創業48周年を迎える事ができました。

弊社は創業以来から一切訪問営業は行っておらず、お住まいのお手伝いをさせて頂いたお客様の口コミ・ご紹介で沢山のお客様のお手伝いをさせてもらってます。

これからも、「お客様第一主義」のスタンスで「真心」を込めて「全力」でお客様のお手伝いをさせて頂きたいと思っております。

お住まいの事でお悩み等がございましたら、お気軽にご相談ください!満足できるリフォームを実現いたしますので、リフォームの際は有限会社 白石工務店をご指名いただけると光栄です。

しつこい営業は一切いたしません。「ホームページを見たよ」とお気軽にご相談ください!

お問い合わせはこちら

ご相談・無料お見積りはお気軽にどうぞ 電話番号:092-585-3799 営業時間:9:00~18:00(日曜定休)